生きづらい

間違った人ばかり信用して

やりたくないことばかりやって

本当はあなたの腕に飛び込んでスキって言いたいだけなのよ。

でもそれは一番やってはいけないことなの。

まじでハウルの動く城やってほしい。

魔法使いつながりでやるかな?

ハウルイケメンすぎ。

ネタバレ

親の死を、きっかけに帽子屋を継いだソフィー。

腕を見込まれて帽子作りを任されますが毎日つまらない。

そんな時来店した魔女を怒らせ老婆にさせられてしまいます。

家にいられなくなったソフィーは魔法使いハウルの城に辿り着く。

そこで呪いを解くまで家政婦として働き始めます。

ハウルは若い優秀な魔法使いでしたが、火の悪魔カルシファーと契約してからは心を失ってしまったのでした。

最後荒地の魔女を倒したハウル

ものに命を吹き込むことが出来るソフィーがハウルの心をもとに戻します。その時赤い毛が邪魔をしました。

そうソフィーの髪の毛は赤毛でした。

灰色には似合わないよとハウルは言います。

ハウルはあまり変わってないみたいとソフィー。

2人は見つめ合います。

僕たちずっと一緒にいるべきじゃないかな?

ハウルは言います。

そこで物語は終了!










暑い日の朝☀︎

夏は暑くて食欲がなくなる!

そんな時はパンよりおにぎりを食べます。


言いたいことも言えない世の中なんて嫌。


明日なにきて生きようより、

明日何食べて生きような件